「野球ニュース速報」では、2ちゃんねるより野球ニュースを中心に気になる野球情報をまとめて紹介していきます。ネタがない時は野球動画も紹介中

横浜ベイスターズ、忍び寄る「史上初・3年連続90敗」の不名誉な大記録

ニーニーφ ★[sage] 2010/08/19(木) 14:59:52 ID:???0
横浜は前身の大洋時代の復刻ユニホームで2連敗を喫し、
借金は32に膨らんだ。他球団に白星を供給し、
「横浜大洋銀行」と呼ばれた当時を思い起こさせる大敗だった。

11日にプロ初勝利を挙げた先発の小杉が4本塁打を浴びるなど計11失点。
尾花監督は「とにかく試合をやるに従って、何かを得てほしい」。
残り40試合。22敗すれば史上初の3年連続90敗の不名誉な記録が待ち受ける。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20100818128.html

続きを読んでみる

報徳学園が2-1で新潟明訓との接戦制し29年ぶりのベスト4進出 報徳学園の1年生右腕・田村が見事な好投

THE FURYφ@けん引きφ ★ 2010/08/19(木) 16:54:41 ID:???0
第92回全国高校野球選手権第13日(19日・甲子園)準々決勝の第2試合は報徳学園と新潟明訓が対戦し、報徳学園が2-1で新潟明訓を破り29年ぶりのベスト4進出を果たした。
報徳学園は20日の準決勝でセンバツ覇者の興南(沖縄)と対戦する。

報徳学園は3回表、二死二、三塁から3番中島の中前適時打で先制した。
1点リードの8回表には中島がこの試合2本目となる適時打を放ちリードを広げた。
新潟明訓は8回裏、3番田村の左前適時打で1点を返した。

報徳学園は1年生右腕の田村が先発。新潟明訓打線を翻弄し、内野ゴロの山を築いた。終盤八回に1点を失い、大西(3年)にマウンドを譲ったが8回途中まで4安打1失点と好投した。打線は3番中島がチームの全打点を叩き出す3安打2打点と活躍した。

新潟明訓は先発した池田が7回1/3を6安打2失点と粘投。2番手神田健は交代直後に得点を許したがその後はしっかりと抑えた。打線は報徳学園2投手の前に1点を奪うのがやっとで援護できなかった。

http://www.sanspo.com/high-baseball/news/100819/hga1008191339008-n1.htm

報徳学園 001000010 2
新潟明訓 000000010 1

【投手】
報徳学園:田村→大西
新潟明訓:池田→神田健

http://www2.asahi.com/koshien/92/sokuhou/2010081962/

目的を見失い戦う姿勢の崩れた横浜…被弾でうなだれる投手をよそに、控え選手が試合そっちのけでベンチで談笑

投稿日時 2010/08/19/14:15 | コメント数 コメント(0) | カテゴリ プロ野球
丁稚ですがφ ★[sage] 2010/08/19(木) 11:17:54 ID:???0
五回にブラゼルが放った飛球が電光掲示板を直撃。この日、4本目の本塁打を浴びたマウンド上の小杉は、ひざに両手をつき、がっくりとうなだれた。勝機が遠のく手痛い一発に、当然の反応だろう。

しかし、横浜ベンチに目を移すと、対照的な光景がそこにあった。控え選手が試合そっちのけで談笑していた。

この時点で5点差。まだ逆転は不可能ではない展開だった。出場している選手たちの厳しい表情と、控え選手との落差。残念なシーンだった。

小杉が4被弾で五回途中でKOされ、後を継いだ篠原は代わりっぱなに3ランを浴びた。
3番手の江尻も六、七回と失点。送り出す投手が次々と打ち込まれ、尾花監督の表情は固まっていた。「ゲームの中で何かを得てほしい」と耐え忍ぶ指揮官の苦悩をよそに、笑いが起こってしまう一体感のなさ。

甘く入った球でことごとく被弾した投手陣もさることながら、チームとしての戦う姿勢の崩れっぷりには、あきれてしまう。

「一戦一戦、戦うしかない」とは、指揮官がよく口にすること。にもかかわらず、目的を見失ったチームの成れの果てがちらついた。

ソース:カナロコ神奈川新聞
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1008190003/

ソフトバンク・斉藤和巳、ランニング中にふくらはぎが¨ピリッと¨する

みどりんφ ★[sage] 2010/08/18(水) 18:12:39 ID:???0
今日のランニング中に…、
ふくらはぎが¨ピリッと¨した…。

酷くなる前に止めたから、大した事はないけど…、

明日の様子を見なわからんね…(ーー;)

ふくらはぎは以外とややこしい箇所やから、少し慎重に…(^_^;)

っと言う事で…、

チームにもある治療器!

「My治療器」で…、

治療中~(^O^)/

良くなりますように…。

みんなも気をつけて(^O^)

ほな、また……。

http://ameblo.jp/kazumi-saitoh/entry-10623168178.html

続きを読んでみる

巨人のクルーンがブチ切れ…ナゴヤドームで観客と口論

投稿日時 2010/08/18/22:49 | コメント数 コメント(2) | カテゴリ プロ野球
三毛猫φ ★[sage] 2010/08/18(水) 21:19:21 ID:???0
ナゴヤドームでの試合前練習中に巨人のクルーンが、観客の男性と激しい口論を
繰り広げた。突然、怒り出したクルーンは「男性がつばを吐きかけた」と主張し、3塁側
内野席にいた男性は「やっていない」と反論。ネットを挟んで数分間に渡って激しく言い
合うと、クルーンはチーム関係者に促されてベンチ裏に下がった。男性は事情を聴かれる
ためナゴヤドーム関係者に連れられて席を離れた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100818-00000586-san-base
練習中ファンとトラブルになり怒り心頭の巨人・クルーン=ナゴヤドーム(撮影・川口良介)
続きを読んでみる

春夏連覇狙う興南が15安打の猛攻で聖光学院の快進撃止める 10-3で勝利し、42年ぶりのベスト4進出

THE FURYφ@けん引きφ ★ 2010/08/18(水) 16:55:24 ID:???0
第92回全国高校野球選手権第12日・準々決勝(18日、甲子園)第2試合は春夏連覇を狙う
センバツの覇者・興南(沖縄)が聖光学院(福島)を10-3で破り、42年ぶりのベスト4進出を決めた。

興南は先発の島袋が二回表に聖光学院打線に捕まり、5安打を浴びてまさかの3失点。
興南は今大会初めてリードを許す展開となった。

3点を追う形となった興南は二回裏にすかさず反撃。一死二塁から伊礼が右中間を破る
適時三塁打を放ち1点、さらに島袋がきっちり犠飛を打ち2点を返した。三回裏には銘苅の
右前適時打であっさり同点に追いついた。

同点とした興南は続く四回裏、二死一、三塁から慶田城が右中間を深々と破る2点三塁打を放ち
勝ち越し。さらにエラーもあり、もう1点を追加。五回裏には山川の適時打で1点、八回裏にも
慶田城が満塁走者一掃の二塁打を放ち3点を加え試合を決めた。15安打10得点の猛攻で
粘る聖光学院を突き放した。

先発の島袋は二回に3点を失ったものの、三回以降は立ち直り、聖光学院に追加点を
与えなかった。9安打を浴びたが、要所を締めて8個の三振を奪う力投。八回でマウンドを
降りたが、逆転してくれた味方に応える好投だった。

聖光学院はいい形で先制点を奪ったが、甲子園に来て2試合好投を続けてきた歳内が
興南の強力打線に捕まり逆転負け。打線は島袋から9安打を放ったが、三回以降は
チャンスで1本が出ず、初のベスト4進出はならなかった。

http://www.sanspo.com/high-baseball/news/100818/hga1008181349014-n1.htm

聖光学院 030000000 3
興南   02131003X 10

【投手】
聖光学院:歳内→芳賀
興南:島袋→川満

http://www2.asahi.com/koshien/92/sokuhou/2010081862/

“教育的指導”で「ハイサイおじさん」消える 「酔っぱらいの歌が高校野球にそぐわない」と投書

少佐ρ ★[sage] 2010/08/18(水) 12:57:02 ID:???0
甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第92回全国高校野球選手権大会で、準々決勝進出を果たした興南高校(沖縄)のアルプススタンド応援席から、沖縄代表の定番応援歌「ハイサイおじさん」が、ピタリと消えた。
理由は、酔っぱらいおじさんを扱った歌詞が高校野球にふさわしくないという“教育的指導”。興南高校は18日の準々決勝第2試合に登場するが、おなじみのメロディー復活を求める声は根強い。

■1通の投書きっかけ…全国のファン復活望む声

「ハイサイおじさん」は、約30年前に沖縄で生まれた歌謡曲。25年ほど前、沖縄出身で兵庫県尼崎市内の中学校で音楽教諭をしていた羽地靖隆さん(62)が、甲子園に出場した沖縄勢を応援するため、生徒たちと演奏したのが始まり。独特のリズムが人気となり、沖縄県勢共通の応援曲となった。

ところが今年7月、地元紙に、「遊郭を遊び歩く酒飲みおじさんをからかう原曲の歌詞が、高校野球にそぐわない」という内容の投書が掲載されたことから、興南高校野球部OB会が使用自粛を決めた。

代わりに用意されたのが「ヒヤミカチ節」。戦後の沖縄を元気づけようと作曲され、祝い事で流れる地元ではおなじみの民謡だ。「アップテンポな曲調や前向きな歌詞が応援歌にふさわしい」と、野球部OBの仲村智(ち)成(せい)さん(51)が提案。アレンジや練習が間に合わず、甲子園が“初登板”となり、羽地さんも演奏の指導に力をこめる。

1回戦ではこの新曲の準備が間に合わず、「ハイサイおじさん」が一度だけ流されたが、2回戦からは演奏されず、大会期間中は使わない方針。

ただし、全国のファンや興南高校応援団から「新曲もいいが、ハイサイおじさんをやらないのは寂しい。リズムだけでも残してほしい」との要望は強く、興南高校の教諭も「生徒から演奏したいという声はある」という。

仲村さんは「『ハイサイおじさん』をやるかやらないかは出場校次第だが、『ヒヤミカチ節』も慣れてくると思う。こちらも沖縄代表の応援歌になってほしい」と期待をこめる。

msn産経
http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/100818/bbl1008181228003-n1.htm

日本ハム・中田翔、プロ入り初の乱闘騒ぎを経験 「どのタイミングで行ったらいいか分からんかった」と苦笑い

すてきな夜空φ ★[sage] 2010/08/18(水) 07:26:03 ID:???0
日本ハム・中田が生涯初の乱闘騒ぎを経験した。
5回、今江の本塁へのスライディングに鶴岡が激高。両軍が入り乱れると、自らも一塁から
駆けつけ「どのタイミングで行ったらいいか分からんかった」と苦笑い。

バットでは3、5回の得点機に凡退するなど10打数連続無安打でチームも逆転負け。
「ボールは見えていた。もっと積極的にいけばよかった」と悔やんでいた。

ソースは
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/08/18/14.html
5回2死、乱闘寸前の両軍に中田(右から2人目)も遠慮なく加わる

続きを読んでみる

仙台育英(宮城)1-4興南(沖縄) 誤審があったものの、興南・島袋10K!2試合連続2ケタ奪三振で8強へ

投稿日時 2010/08/17/21:25 | コメント数 コメント(2) | カテゴリ 高校野球
雷電φ ★ 2010/08/17(火) 20:17:04 ID:???0
第92回全国高校野球選手権大会第11日 ▽3回戦 興南4―1仙台育英(17日・甲子園)

興南が序盤に犠打、盗塁などをからめて着実に加点し、仙台育英を下した。仙台育英は1回戦、
2回戦と好救援を見せた田中を先発で起用したが、興南は1回、田中の立ち上がりを攻めて
4安打に犠打をからめて2点を先制した。仙台育英も2回、興南のトルネード左腕・島袋から
1回戦で超美技を見せた三瓶が本塁打を放って1点を返した。

しかし興南は2回、3回と盗塁や犠打で進めたランナーを適時打で返して1点ずつ加え試合の
主導権を握った。仙台育英は4回途中から1、2回戦と先発しながら不本意な投球が続いていた
エースナンバー1を背負う木村が田中をリリーフ。木村は強打の興南打線をよく抑えたが、
興南・島袋も7回2死満塁のピンチをしのぐと相手につけいるスキを与えず、そのまま試合終了。
3試合連続の2ケタ奪三振で8強入りを決め、春夏連覇まであと3勝。準々決勝では、
またも東北勢の聖光学院の挑戦を受ける。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20100817-OHT1T00153.htm

仙台 010 000 000 1
興南 211 000 00×4

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/natsu/results/20100817-FUTYTT00027.htm

続きを読んでみる