「野球ニュース速報」では、2ちゃんねるより野球ニュースを中心に気になる野球情報をまとめて紹介していきます。ネタがない時は野球動画も紹介中

前阪神・赤星憲広氏が現役復帰?オリックスが調査開始…条件面をクリアすれば今オフ獲得に乗り出す

すてきな夜空φ ★[sage] 2010/08/31(火) 06:47:53 ID:???0
オリックスが、昨年限りで引退した前阪神・赤星憲広氏(34)の現役復帰の可能性を調査していることが30日、分かった。中心性脊髄(せきずい)損傷の回復や、任意引退後の保有権を持つ阪神の許可などの条件をクリアすれば、今オフ獲得に乗り出す。阪神時代の恩師でもある岡田彰布監督(52)が救いの手をさしのべる。

志半ばでユニホームを脱いだスピードスターに、かつての恩師が手をさしのべる。
背広姿で評論家活動に精を出す赤星氏に、岡田オリックスが熱視線を送っていた。
球団幹部が、水面下で現役復帰の調査を始めたことを認めた。
「今でも魅力的なアスリート。ああいう事情で引退したけど、まだまだ動けると思う。いろんな情報を調べてみたい」

赤星氏は5年連続で盗塁王を獲得するなど、阪神不動の中堅手として活躍。
しかし昨年9月12日の横浜戦(甲子園)で首を負傷し「中心性脊髄(せきずい)損傷」の重症と判明した。医師は、プレーを続ければ命にかかわる危険性もあると指摘。阪神は引退勧告し、赤星氏は同12月9日に現役引退を発表した。
突然、現役生活にピリオドを打った赤星氏だがオリックスは1年間のブランクがあっても、故障個所の回復具合によっては通算381盗塁の脚力は十分、戦力になると判断。慎重に情報収集をスタートさせた。

赤星氏はこの日、大阪市内の朝日放送でラジオ番組に生出演。所属事務所を通じて「そういうところで僕の名前が出るのは光栄なことですが、直接言われたことではないので何とコメントしていいのかわかりません」とのコメントを発表した。
現在は月に4、5回テレビ解説を務めているが、今月の一部イベントで現役復帰への熱意を激白。
事務所関係者も「できる範囲でやっている」と復帰を目指して体を動かしていることを証言した。
岡田監督が指揮を執るオリックスが門戸を開けば一筋の光が差しこむ。

続きは>>2
ソース
http://www.sanspo.com/baseball/news/100831/bsk1008310505000-n1.htm
オリックスが赤星氏の獲得に向け、水面下で動き出した。この華麗な走りが京セラドームで再現される?

ナックル姫こと吉田えり、右肩に張り…今季登板せず終了か

鳥φ ★[sage] 2010/08/30(月) 10:47:19 ID:???0
米独立ゴールデンベースボール・リーグのチコ吉田えり投手(18)が右肩の張りのため、
今季最後の登板の予定が立っていないことが28日(日本時間29日)、分かった。

テンプルトン監督は「肩に多少の痛みがあると聞いているので無理はさせたくない」と、
残り試合の登板は吉田の肩の調子を見ながらということになりそうだ。

29日(同30日)はセントジョージ戦のダブルヘッダーが組まれており、
監督は「場合によっては1イニングくらいあるかも」と言うがそれも吉田の肩の
復調次第で微妙な状態だ。

「(8月中旬の)カナダ遠征あたりから、多少肩の張りを感じていたが、
それほどの痛みではない」と吉田。この日は外野のランニングやゴムチュ-ブでの
肩の強化などを行い「不完全燃焼のまま今季を終わりたくない」
と気持ちを前面に出していた。

http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20100830-672015.html

元広島・ルイスが米球界復帰について語る、ダルや岩隈にメジャー挑戦のススメ

投稿日時 2010/08/30/19:22 | コメント数 コメント(7) | カテゴリ 野球ニュース
ZOOφ ★ 2010/08/30(月) 17:48:09 ID:???0
広島では2年連続奪三振王。米球界復帰を決めたのは?

「本当は、もっと長く広島でプレーしたくて、昨オフ、チームと2年契約の交渉をしていた。僕はそんな高額を要求したりはしてないよ(笑)。
でも、『ノー』という返事。そうこうしているうちに、メジャーの複数球団から連絡がき始めた。妻の健康問題(甲状腺の病気)を考え、米国で日本と同じくらいの年俸をもらえるのだとしたら、やはり医師のこともあるし、こちらの方でプレーする方がいいということになった」

-日本の生活はどうだった?

「住まいは球場まで徒歩15分の距離で、僕は自転車通勤。広島は落ち着いて住める感じで、いい街だった。外国人は少ないし、僕は長身(193センチ)だから、どこへ行っても目立って『ルイスさん!! ルイスさん!! サイン』とか『シャシン、オネガイシマス』(日本語で)と言って、携帯で写真撮影したり。スーパースター? そうだね(笑)。日本で過ごした2年間は楽しかった。日本文化、生活、日本野球を堪能した。
出店、お祭り、お盆、桜の花見…。原爆記念日や精霊流しにも感動した」

-今は多くの日本選手がメジャー行きを考えているようだが

「日本にはメジャーでプレーできる能力を持った選手がたくさんいる。でも、メジャー移籍に可能なFA権を得るのに9年もかかるという規則は選手たちに不公平だ。米国では、高卒でドラフトされて何年か後に、日本への移籍が可能なのに、その逆はできない。ダイスケ(レッドソックス・松坂)のケースのように、メジャー球団が彼との交渉権を得るためだけに何千万ドル(※2)も支払うのはおかしい。メジャーでプレーする能力があってプレーしたい選手は、20歳でも、メジャーでプレーすることが可能であるべきだ」

-ダルビッシュ(日本ハム)や岩隈(楽天)の印象は?

「ダルビッシュはできるだけ早くメジャーに来るべきだ、と思う選手の一人だ。26、27歳まで待っていたら、その時彼がどうなっているか、何が起こっているか誰にも分からない。日本のFA制度の年数を変更すべきだ、と思う。岩隈も、メジャーで成功すると思う。」

▼全文はこちらからどうぞ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/mlb/news/CK2010082802000091.html?ref=related

【動画】第92回高校野球選手権 – 夏詩 なつうた ~2010夏~ 総集編

投稿日時 2010/08/30/11:44 | コメント数 コメント(1) | カテゴリ 画像・動画
0000 野球ニュース速報

夏の高校野球の番組では熱湯甲子園が有名ですが、こっちも感動します。

人類最速!レッズ傘下3A・元キューバのチャプマン、球速169kmをマーク 近くメジャー昇格も

丁稚ですがφ ★[sage] 2010/08/29(日) 11:23:34 ID:???0
速すぎる! ヤクルト由規投手(20)が日本人最速161キロをマークした2日後、「世界最速」投手が誕生した。キューバから亡命し、今季からレッズ傘下3Aルイビルでプレーするアロルディス・チャプマン投手(22)がコロンバス戦で、なんと球速105マイル(約169キロ)をマークした。スピードガン普及後、記録に残るものでは米国内でも最速とみられる。
快速左腕は近日中にもメジャー昇格が予想され、ナ・リーグ中地区首位レ軍の秘密兵器としてデビューする。

ルイビルの本拠地「ルイビル・スラッガー・フィールド」に歓声とどよめきが起きた。
インディアンス傘下コロンバス戦の1-1の9回表2死。この回からマウンドに上がり、最初の2者から連続空振り三振を奪っていた守護神チャプマンは、6番マクブライドへの4球目に、なんと105マイル(約169キロ)の直球を投げ込んだ。

球場のスコアボードだけでなく、バックネット裏のスカウトたちのスピードガンもそろって「105マイル」を表示。スイート監督も「初めて見たよ。スカウトのガンも同じだと聞いたから、正真正銘105マイルだ」と世界最速記録に太鼓判を押した。チャプマンは、この球こそファウルされたが、5球目の104マイル(約167キロ)直球で3連続空振り三振に仕留めた。
5分56秒の「チャプマン・ショー」。試合後は「105マイルは人生で初めて。とてもうれしい」と大喜びだった。

09年7月にオランダ遠征中のキューバ代表チームを飛び出し、欧州の小国アンドラに居住権を確立。FAとしてレッズと6年(10~15年)3025万ドル(約25億7125万円)の大型契約を結んだ。

当初は先発として育成されていたが、圧倒的な球速を見込まれて今季途中からクローザーに転向。
先発では5勝5敗、防御率4・11だった成績も、抑えとしては4勝1敗、防御率2・40と劇的に向上。三振も30回で49個奪っている。本人も「今はクローザーとしての仕事もやりがいを感じている」という。

続きは>>2以降で
ソース:nikkansports.com
http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/p-bb-tp2-20100829-671640.html

山本昌の3勝目に辛口の落合監督「1人で投げきれず、しんどいところは後ろがいってるじゃん。今日始まったことじゃないよ」

ゴジラφ ★[sage] 2010/08/29(日) 09:11:55 ID:???0
中日の山本昌が七回途中まで8安打3失点と苦しみながら、今季3勝目を挙げて
チームの連敗を止めた。「苦しかったけど、何とか試合になりました」と苦笑いだったが、
連敗ストップには「何とかしたかった」と満足げだ。

今季に登板した4試合でチームは全勝。少しでも貢献したいので、これからも勝てるといい」
と激しい優勝争いでの奮闘を誓った。

ただ、落合監督は辛口の評価。
「1人で投げきれず、しんどいところは後ろ(リリーフ)がいってるじゃん。
きょう始まったことじゃないよ」とイニング途中での降板に手厳しかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100829-00000503-san-base